簡単に出来るポート開放

スポンサードリンク

7ポートについて説明すると初心者の方には何のことやらと思われるかも知れないので、簡単に説明させていただきます。

ポートを一言で言うと、通信の扉みたいなものです。
ポートが開いていれば通信がしやすいですし、ポートが閉じていれば通信はしづらい。

基本手的には閉ざされているのですが、通信をするソフトの際などに、ポートを開放して上げる必要があります。

よくあるのがオンラインゲームなどです。
ただ、こういったソフトはゲームをインストールなどするとポートが開くようになっています。

しかし、shareは手動で開いてあげる必要があるのです。

shareをはじめて使う人はここで良くつまづきます。
しかし、安心してください。

無料のツールを使う事で簡単に開く事ができるので、紹介していきます。

スポンサードリンク

無料ポート開放ツール「UPnPCJ」

このツールを使う事により、

パソコン初心者では難しいポート開放を簡単にしてくれます。

まずはダウンロードしてください。

UPnPCJダウンロードページ

WS000003

サイト上部にDownLoadと書かれた場所があるので、クリックしてください。
そうしますとファイルの保存先の選択画面が出るので、任意の場所を選択

WS000004

保存したファイルを解凍しますと、このようなアイコンがあるのでダブルクリック

WS000005

起動しましたら、①の所に開放するポート番号を入力します。
大抵45000~46000の間の数字を選択すれば問題ないです。

次に②のTCPを選択
最後に⑩のPort開放をクリックして下さい。

これでダウンロードようのポートが開かれました。
次はアップロードようのポートを開くのですが、その画面のまま、②の部分でUDPを選択して、⑩のポート開放をクリックすればOKです。

以上でポートの開放がされたので、

通信が安定するはずです。

スポンサードリンク