rar形式のファイルを開くWinRAR

スポンサードリンク

shareでファイルをダウンロードしたが、

ファイル名の後がrarの拡張子になっているので

開く事が出来ない。

 

そんなときは「WinRAR」が全てを解決してくれます。

 

「WinRAR」は無料のソフトとして紹介されていたりするのですが、

本来は有料のソフトなのです。

40日間の試用期間と言うのがあるのですが、

実質、40日後も使用が出来てしまうので、

無料だと勘違いされやすいのですが、

本来はそれ以降使われるのであれば、料金を払ってくださいと言うものです。

 

スポンサードリンク

「WinRAR」のダウンロード方法

まずは、公式サイトへアクセスしてください。

公式サイト

WS000000

アクセスしますと、このような場所がありますので、

お使いのパソコンの環境から、

32ビット版か64ビット版を選択して、

ダウンロードしてください。

WS000001

 

そうしますと、ダウンロード先にファイルがありますので、

ダブルクリックをして、日本語の指示に従いインストールを行います。

これでお使いのパソコンでWinRARが使えるようになりました。

使い方

ソフトを起動してください。

WS000002

そうしますとこのような画面が現れるので、

試用版として使うのであれば閉じるを選択してください。

WS000003

 

起動しましたら、解凍したいファイルを選択して、

メニューの「フォルダに解凍」を選択してください。

WS000004

 

解凍先の選択などを行います。

そして、OKを選択してください。

後は、先ほど選択した解凍先を確認しますと、

中身が見れるようになります。

 

 

スポンサードリンク